スリムビューティーハウスの体験談

スリムビューティーハウス「よくばり美顔コース」

 

スリムビューティーハウスは、3000円という格安価格で、たっぷり1時間、現在のエステの最高の施術を受けることができます。事実、女優の早見優さんのビフォー&アフターは必見と言えます。

 

まずは、お肌の不要な角質や皮脂、そして長年のメイク汚れを「専門的のクレンジング技術」で完璧に落とします。お肌の汚れは目の下の薄い皮膚を酸化させ、メラニンを大量に発生させます。つまり、目の下の色素沈着やターンオーバーの衰えにつながる原因が、徹底的に解消されます。

 

さらに、目の下のしわの最大の原因である「表情筋の衰え」を、リンパの流れやツボを知り尽くした東洋医学に由来するマッサージによって顔の筋肉を整えます。さらに血液とリンパの流れを促進することで「衰えた真皮」に栄養と酸素を届けコラーゲンができやすい美肌にします。

 

極めつけは真皮まで届く「オリジナルの光導入器」で、真皮のコラーゲンを作っている「線維芽細胞」の働きを元気にし、目の下のしわを改善します。

 

施術時間:60分 価格:3000円

 


 

 

スリムビューティーハウスが、目の下のしわに効果がある根拠

 

ディープクレンジングで汚れを完全除去!目の下の黒ずみが改善!

表皮のバリア機能に負担をかけないためにも、不要な角質を除去してから美容成分を浸透させることが基本です。しかし、これは素人がやると必要な角質まで落としてしまうため危険です。スリムビューティーハウスでは安全で完璧なディープクレンジングを行ってくれます。

あなたは気づいていませんが、通常のクレンジングでは除去できない「肌の汚れやメイク残り」があるのです。これが目の下の皮膚に刺激を与え続け、色素沈着やクマのような黒ずみを作ります。最後は肌を弱らせシワやたるみにも…。スリムビューティーハウスのクレンジング技術によって、お肌にこびりついた「過去の汚れ」を徹底的に除去。ターンオーバーの良い肌に整えます。

 

筋肉を引き上げる&ほぐす!表情筋の衰えやコリを取り除いてリフトアップ!

目の下のたるみを取るためには表情筋を元気にし、さらに血行促進によって真皮の働きを良くすることが大切です。エステの施術に鍼灸を取り入れたスリムビューティーハウスのマッサージは効果が裏づけされています。

スリムビューティーハウスは、体のリンパや血液の巡り、ツボによって美しくなる「東洋美容」をエステに取り入れ、お肌の「自然治癒力」で肌を若返らせる施術を心がけています。東洋美容独自のマッサージで表情筋に刺激を与えリフトアップ。目の下のしわやたるみの原因である「眼輪筋」はもちろん、顔全体の表情筋を引き締めてくれるため、より劇的なリフトアップが体感できます。

 

光の美顔器でビタミンCの100倍の効果「フラーレン」を真皮へ届ける!

通常のお手入れでは目の下の老化が改善しにくい理由は、肌の深部にある真皮層に働きかけることが困難だからです。スリムビューティーハウスの光エステを使えば有効成分を通常の100倍の浸透力で必要なところにまで成分補給します。

スリムビューティーハウスが独自開発した「光の美顔器」で、化粧品では届けられない美容成分を、真皮まで浸透。真皮のコラーゲンを作る「線維芽細胞」の働きを良くするビタミンCの100倍以上の効果があると注目されている「フラーレン」をたっぷり届けます。これによって真皮のコラーゲン生成が活発に行われ、目の下の深いシワやたるみを改善します。

 

肌細胞の肌親「幹細胞」を表皮に注入!ターンオーバーが促進!

今まで、あなたは不要な化粧品を使って肌にダメージを与え続けてきたことを反省しなければなりません。元に戻すためには弱っている表皮細胞を補給する、スリムビューティーハウスの幹細胞パックが有効です。

目の下のしわは「肌の乾燥」から始まります。そして乾燥肌の原因はターンオーバーの衰えです。ターンオーバーによって生まれるはずの「新しい肌細胞」が作られない状態です。スリムビューティーハウスは今注目されている肌細胞の母と言われる「幹細胞」を、独自パックで表皮にたっぷり注入。ターンオーバーを取り戻し、若かった頃のように目の下のトラブルが気にならなくなります。

 

 

スリムビューティーハウスの口コミ&体験談はこちら。

 

スリムビューティーハウスの店内はとても綺麗。たかの友梨やミスパリに比べるとゴージャス度は落ちますが、白色を基調にした清潔感のある環境で、たいへんリラックスできます。最初は待合室のソファで「カウンセリングシート」を記入。一緒にローズヒップティーも出してくれました。まだ寒かったので、暖かい方をチョイス。気がききますね^^。

 

しばらくすると担当のスタッフさんが登場して自己紹介してくれました。とても明るくて元気な方。20代の若い女性だったので技術面は大丈夫かなと心配でしたが、とても好感の持てる方です。今回の体験エステ「よくばり美顔コース」の説明をしてくれました。

 

着替えを済ませるとエステルームへ。2畳ほどの狭い空間なのですが、機器や道具がごちゃごちゃしていないのでサッパリしています。なので、狭いとは思いません。白色ベースのとても清潔感のある部屋でした。最初にコップ1杯のミネラルウォーターを飲んで代謝が上がりやすい状態にします。ゆっくり飲むことがポイントだそうです。

 

最初はクレンジングです。目の下のしわが気になる私は、目元をしっかりケアして欲しかったのでアイメイクはせずに行きました。なので、クレンジングも簡単に終わりました。続いて「角質ケア」です。目の下のしわを取るには古い角質をはがして、新しい肌が生まれやすい環境作りが大切です。ピーリング液を含んだ「かなり厚みのあるコットン」で、顔全体を優しく拭き取ってくれます。気持ちいい!

 

クレンジングと角質ケアを済ませた段階で「鏡チェック」が入ります。ビフォー&アフターを比較するためでしょうね。角質ケアの効果か、自分の肌をさわるとツルツル。すっぴんでこの手触りは久しぶりです(笑)「今の感じを覚えておいてください!この後すぐに変わりますので!」と自信満々。エステをする前なのにツルツル!期待に胸が膨らみます^^。

 

いよいよ、東洋美容のスリムビューティーハウスでしか体験できない「顔筋トリートメント」です。私は個人のサロンさんを入れると沢山の施術を受けてきましたが、顔筋トリートメントが1番痛い!でも、めちゃくちゃ気持ちいいんです!痛いのに気持ち良いこの感覚は体験した人しか分からないでしょう。どんなマッサージでも寝ない私がウトウトしてしまったほど。若いスタッフさんだけど技術力がすごいので驚きです。効果が証明されている「鍼灸治療」の勉強をされているからこそでしょうね。

 

目の下の深いしわは表情筋の衰えも大きな原因です。顔筋トリートメントは顔から「コリッコリッ」と音が聞こえてきそうなぐらい筋肉をもみほぐしてバランスを整えてくれます。痛くないのは顔にあるツボやリンパを的確に刺激しているからでしょうね。目元のようなナイーブな部分も強くマッサージ。痛いけどやっぱり気持ちいい!

 

続いて、スリムビューティーハウスのオリジナル美顔器を使った「光エステ」です。これも体験した人にしか分からない体感があります。普通、光導入をしてもピリピリする程度だと思うでしょ?違うんです。光を当てた途端、自分の意思とは関係なく、肌奥や表情筋が動き出します!お肌の中に小さな「電気ナマズ」が沢山いる感じ(笑)これは、家庭用の美顔器では絶対味わえませんね。「うわー」って声が出てしまったほどです^^、、

 

光エステは「4種類の光」から選べます。ブルーがニキビや毛穴ケア、イエローが美白ケア。レッドがシワやたるみケア、ミックスが総合的なケアす。目の下のしわやたるみに悩む私は、迷わず「レッドの光」をチョイス。前述した「電気ナマズ」のような体感は、どの色でも同じだと思います。この美顔器は購入したいと思いました。通常、光やイオン導入器は、まぶたのような敏感な部分は使えないのですが、この美顔器はOK。目元の老化が気になる私にはたまらない特長です。ぶっちゃけて言うと、この美顔器は販売しています。ただし、スリムへ行かないと購入できないようです。

 

最後も、スリムビューティーハウスの独自パックで商標登録をしている「バイオジェニック・マスク」です。コットンのような通常のパックではなくてコンニャクのような感覚の不思議なマスクです。さらに両足に「ビニール製のブーツ」を履いて電気で温めます。ブーツの空気圧でマッサージ効果もあって気持ちいい!心地よさのあまり、エステでは1度も寝たことのない私が遂に寝てしまいました^^、、最後は化粧水とクリームで表皮を保湿。今までの施術の効果を閉じ込めて終了です。

 

着替えを終えてロビーにあるソファで待機。そこにファイルを持ってスタッフさんが登場。「メイクの時どうでしたか?お肌の感じいいでしょー?」という明るいノリで、勧誘があるのでは?という私の緊張をほぐしてくれます^^。本コースの説明を軽くして「来てほしいなーって思ってます!どうですか?」と一言。私が「他の体験エステも予約しているので、もう少し考えますね」というと「そうですね、残念ですけど分かりました!」で終了。勧誘があると思っていたのに、サッパリしていて拍子抜けしたほどです(笑)

 

施術後に、私が一番に効果を体感したのは首と顎のたるみ改善です。あとは顔の色がワントーン明るくなっていましたね。体験前とは明らかに顔の状態が違うからスゴイ。顔筋トリートメントと光エステは体験の価値アリです。正直、3000円でこの内容は「申し訳ないな…」って思ったほどですから…(笑)

 


 

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る