目の下のしわは乾燥対策を!

目の下のしわは乾燥から始まる!小じわ対策は早くやるべき!

 

目の下に小じわを発見したら要注意!そのまま無視していると「たるみ」に悪化します。今すぐ取り組むべきスキンケアとは?

 

 

あなたの目の下には、小じわができていませんか?

 

 

メイクをする時に一番気になるの目元。
女性にとって目元は、美しい顔を作る武器です。

 

しかし、目元のトラブルで最も多いのが「しわ」です。

 

しわと言うと老化で起こると思われがちですが、
若いころから現れることも全く珍しくありません。

 

なぜなら・・・

 

 

目の下のしわは、乾燥肌から始まります。

 

 

乾燥した肌を拡大して見てみると、まるで亀裂が走った大地のようです。イメージすればするほど、危険な状態であることが理解できるはずです。

目の下にしわができるステップはこうです。

 

目元の皮膚が乾燥することで、乾いた角質が剥がれやすくなります。

 

その剥がれた角質の部分が「すきま」となり、そこから肌内部の水分がどんどん蒸発していきます。

 

水分が失われた乾燥した皮膚は硬くなって、目に見えない「細かいヒビ」が大量に発生します。

 

その「細かいヒビ」が繋がって大きくなることで、肉眼でも見える「小じわ」に変わっていくという流れです。

 

 

 

目元の皮膚が乾燥するのは、ターンオーバーの衰えが原因です。

 

 

目元の乾燥を放っておくと小じわが悪化し、
深いしわやたるみまでエスカレートしてますよ。

 

まず、目の下が乾燥する根本的な原因は、
ターンオーバーの衰えです。

 

ターンオーバーとは「肌代謝」とも言われ、
古い皮膚が新しい皮膚へ生まれ変わる働きのことです。

 

通常4週間(28日)の周期で繰り返されるのですが、
加齢によってその周期はどんどん長くなっていきます。

 

 

お肌のターンオーバーは、25歳ぐらいから衰え始めます。

 

 

つまり、この記事を読んでいる
ほとんどの女性が当てはまると思います。

 

お肌のターンオーバーの衰えは20代から始まることからも、加齢よりも普段のスキンケアや生活習慣に大きく影響することが分かると思います。

かなり重要なので、もう一度言います

ターンオーバーが衰えて「古い角質」で肌が形成されると、目に見えない「細かいヒビ」が大量に発生します。

 

新しい角質に生まれ変わることなく「細かいヒビ」が残り続ければ、それらが繋がって「目元の小じわ」になります。

 

このような理由から、目の下の小じわをなくすには、ターンオーバーの正常化が絶対に必要なのです。

 

では、ターンオーバーを正常に戻すためには、具体的にどうすれば良いのでしょうか?

 

ターンオーバーを正常にする!あなたがやるべき「本当のスキンケア」とは?

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る