ヒアルロン酸注射の失敗と危険

ヒアルロン酸注射の失敗例と危険性を知ってください…

 

ヒアルロン酸注射の効果は魅力的ですが、あなたの体質に合わずに副作用が表れることも覚悟しておきましょう。メリットとデメリットの両方の情報収集をして、冷静な判断をしてほしく思います。

 

 

ヒアルロン酸注射はやるべき?やらないべき?

 

 

いつまでも若くあり続けたい女性にとっては、
目の下にできるしわやたるみは今すぐ消したいものです。

 

そこで、美意識の高い女性たちが注目するのが、
今人気の「ヒアルロン酸注射」です。

 

しかし、ヒアルロン酸注射をしてみたいけど、
リスクや副作用が気になるというのが本音だと思います。

 

 

ヒアルロン酸注射のリスクとは?

 

 

ヒアルロン酸注射をした直後は、
毛細血管を傷つけて腫れや内出血を起こす場合があります。

 

ヒアルロン酸の危険性と失敗例を網羅しておきます。不安を煽るつもりはありませんが、実際にあり得るリスクを包み隠さず公開しておきます。

特に、目の周りは皮膚が薄く血管が集中しており、内出血が起こる可能性は他の部位よりも高いです。

 

実際、このリスクを知らずに施術してしまい、内出血で外出ができなくなった女性もいます。

 

ただし、この副作用は時間が経てば自然治癒するので、大きな危険リスクにはならないでしょう。

 

今からお話する危険性の方が重要です。

 

ヒアルロン酸注射を施術する「医師の技術」によっては、皮膚への注入位置を間違ってしまうことがあります。

 

 

注入位置を誤ってしまうとヒアルロン酸が「皮下組織」に変わり、
しこりになってしまい「凸凹の肌」になった失敗例があります。

 

医師の知識や技術力が大きく影響するので、
手術費の安さだけで選ぶのは危険だと言えます。

 

多くの場合は、ヒアルロン酸注射は安全に行われますが、
実は、手術が成功しても解決しない「最大の問題」があります。

 

 

ヒアルロン酸注射の効果は、半年しか持続しない。

 

 

ヒアルロン酸注射は体内で消化されてしまい時間とともに効果がなくなっていきます。つまり、元の老化症状が出てきますので、プチ整形をしたと周囲にバレないためにも打ち続けなければなりません。

ヒアルロン酸注射は目の下のくぼみ・肌やせを改善する「有効な治療法」であることは否定しません。

 

しかし、手術が幸い成功しても、その効果は「半年程度」しか持続しないのです。

 

つまり、一度使うとやり続けなければならない、たいへん「依存性の強い施術」だと覚悟しておきましょう。

 

いいでしょうか?

 

なぜ、あなたはヒアルロン酸注射をするのですか?この「根っこの理由」に目をそむけてはいませんか?

 

 

目の下の肌老化は「真皮の衰え」が原因です。

 

 

真皮とは肌の一番奥にある層で「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸」のかたまりです。

 

つまり、お肌のハリと弾力を作っている土台が、真皮だと言っても過言ではないのです。

 

お肌の断面図を見ると通常のスキンケアでは効果に限界があるワケが理解できるはずです。あなたが本当にケアしなければならない真皮は厄介な部分にあるのです。

つまり、この真皮を再生させることこそが、目の下のしわやたるみを取る根本的な解決法なのです。

 

一時的な改善ならヒアルロン酸注射は有効ですので、全面否定はするつもりはありません。

 

しかしです。

 

一瞬で効果がなくなるヒアルロン酸注射より、真皮の力を取り戻すことができれば、ずっと若さが保たれます。

 

つまり、真皮を再生させるケアも行うべきです。

 

では、お肌の奥にある「真皮」を再生するには、
どのようなスキンケアが欠かせないのでしょうか?

 

真皮を再生する!効果が証明されている「最強のスキンケア」とは?

 

 


このページの先頭へ戻る