目の下のしわと美容液

目の下のしわに効く美容液!ヒアルロン酸粉末で手作りしよう!

 

目の下のしわやたるみに効くと宣伝されている美容液が多数あるけど、本当に効果があるのか徹底検証します。

 

 

美容液を使えば、目の下のしわは改善するの?

 

 

目の下のしわに効果的という美容液は多く、
ネットでも簡単に買えるため利用者も多いでしょう。

 

目の下にしわができると「老け顔」になるため、
一刻も早くなんとかしたい気持ちは良く分かります。

 

しかし、市販の美容液は高級に見せるため、
あらゆる美容成分が沢山つめこまれています。

 

事実、あなたも美容成分がたっぷり入っていた方が
魅力に感じるのではないでしょうか?

 

しかし、それが大きな間違いなのです。

 

 

美容液に入っている「界面活性剤」が、目の下のしわを悪化させる?!

 

 

市販の美容液には美容成分を浸透させるため、
必ずと言って良いほど「界面活性剤」を混ぜています。

 

肌の断面図を見ると分かるように肌表面は皮脂と角質細胞によってコーティングされています。これが外的刺激や乾燥から守るバリアになっているのです。

界面活性剤は、外からの異物が侵入させないために働く、皮脂膜と角質層で作られた「肌バリア」を破壊してしまいます。

 

美容成分を肌奥まで浸透させるには、肌バリアが邪魔なので壊さないと仕方ないワケです。

 

その結果、肌はバリアがどんどん薄くなってしまい、外からの刺激に弱く、乾燥しやすい肌になっていきます。

 

つまり、目の下のしわが出来やすい状態となり、美容液を使うほど「逆効果」となるリスクがあります。

 

 

自宅のケアでは界面活性剤は使うな!ヒアルロン酸の手作り美容液がおすすめ。

 

 

界面活性剤や防腐剤が入っていない化粧品を探すのは至難の業です。しかし化粧水や美容液はレシピさえ知ってしまえば手作りができます。

今、たくさんの化粧品を使っている方は、これを機会に「リストラ」をしてください。

 

目の下のしわは乾燥が原因ですから、本当に必要なことは「純粋な水分補給」だけです。

 

そう、余計な美容成分を補給して、肌バリアを壊すのは矛盾した行為なのです。

 

実際、当サイトの管理人も自宅では化粧品は使わず、ヒアルロン酸粉末から手作りする美容液を愛用しています。

 

手作り美容液というと、手間がかかると思いがちですが、ヒアルロン酸の手作り美容液は簡単に作ることができます。

 

ヒアルロン酸の手作り美容液のレシピ

 

1:ヒアルロン酸粉末と精製水を入手する。
2:精製水10mlにつき、ヒアルロン酸粉末0.01gの割合でよく混ぜる。
3:植物性のグリセリンを精製水10mlにつき、0.005gの割合で混ぜる。

 

容器については「100均」で売られているボトルでOK。
冷蔵庫で保存しながら1週間以内に使い切るようにしましょう。

 

これだけで肌バリアを維持しながら水分補給ができる
ヒアルロン酸美容液が作れますのでチャレンジしてみてください。

 

しかしです。

 

 

目の下のしわは、水分補給だけでは改善しません。

 

 

あなたの目の下に水分補給が必要なのは、
お肌のターンオーバーが衰えてしまったからです。

 

本来、ターンオーバーが正常であれば、
水分に満ちた肌細胞で「目の下の皮膚」ができます。

 

ターンオーバーを28日周期に戻すことで、目の下の乾燥肌を改善でき、しわやたるみの発生を抑えることができます。これを実現しない限り、いくら高級なコスメを使っても焼け石に水です。

ところが、この働きが年齢とともに衰えてしまうため、古い細胞や未熟な細胞で作られた「乾燥肌」になるワケです。

 

つまり、目の下のしわを作る「乾燥肌」を治すには、ターンオーバーの活性化が絶対条件なのです。

 

しかしです・・・

 

加齢によって起こる「老化現象」に逆らって、ターンオーバーを若返らせることなんて、できるのでしょうか?

 

ターンオーバーが若返る!最も効果的なスキンケアはこれだった!

 

 


このページの先頭へ戻る