乾燥肌とターンオーバー

顔の乾燥肌対策はコレ!ターンオーバー促進の極意!

 

目の下の乾燥はターンオーバーが乱れているサインです。最も皮膚が薄い部位だからこそ肌老化のチェッカーにしてください。

 

 

目の下のしわは乾燥肌からスタートします。

 

 

冬や季節の変わり目などに限らず「年中カサカサ」の
乾燥肌に悩む女性は増えてきています。

 

脂性肌や混合肌の方も「乾燥肌」なのをご存じですか?
お肌が乾燥するから過剰に油分を分泌するのです。

 

つまり、ほとんど女性が「乾燥肌」なのです。

 

乾燥肌は今すぐ改善しなければ危険です。
なぜなら、目の下のしわは乾燥肌からスタートするからです。

 

 

乾燥肌からシワになるメカニズムって?

 

 

お肌を顕微鏡で見ると地割れのような亀裂が走っています。これが悪化すると肌内部の水分がどんどん蒸発してしまい乾燥肌になります。

しわの原因は、乾燥によって硬くなった角質層が、ひび割れをして「溝」を発生させることから始まります。

 

そうなると、角質層の隙間から水分が失われていき、ハリや弾力のない「ミイラのような肌」になっていきます。

 

もちろん、お肌にハリや弾力がなくなれば、ひび割れや溝が元に戻らず、シワになって定着します。

 

さらにです。

 

目の下にしわができた状態で乾燥肌を放置すると、深く刻まれたシワやたるみにエスカレートしていきます。

 

 

ターンオーバーを早くして乾燥肌を改善する方法はあるの?

 

 

ターンオーバーを促進させたいなら皮脂と角質を大切に保護してください。つまり、この部位にダメージを与える化粧品は使うと逆効果になることを理解すべきです。

乾燥肌の根本的な原因は「ターンオーバー」の衰えです。

 

ターンオーバーとは表皮の肌細胞を作る力で「28日周期」で新しい肌に入れ替えるのが健康な状態です。

 

しかし、これが加齢とともに遅くなっていくため、乾燥した「古い角質」で肌が作られてシワになるのです。

 

ターンオーバーを活発な状態に戻すには、
お肌の水分と油分の量を整えることが必須です。

 

界面活性剤のダメージは自覚症状がないのが厄介です。目の下にしわができても化粧品のせいだとは思わず加齢のせいだと自己納得してしまうため、大半の女性がコスメが持つ危険性に気づかないのです。

しかし、化粧品に頼るのはおすすめしません。化粧品には「界面活性剤」が入っているからです。

 

界面活性剤は美容成分を浸透させるために、お肌の「皮脂膜と角質層」を溶かしてしまいます。

 

界面活性剤は、お肌の水分と油分をキープしている、肌の皮脂膜と角質層を壊して「乾燥肌」を悪化させるのです。

 

その結果、多くの女性は化粧品を使わないと、肌の水分と油分が維持できなくなってしまうのです。

 

正直言って、気軽に手に入る化粧品ですが、簡単に使えるからこそ「逆に危険」なのです。

 

 

お肌の水分と油分を整えるだけなら手作りヒアルロン酸とホホバオイルでOK!

 

 

別記事でも紹介しましたが、水分と油分を整えるのは
手作りのヒアルロン酸美容液とホホバオイルで十分です。

 

>>手作りヒアルロン酸美容液の作り方
>>高純度のホホバオイルの使い方

 

これらは、あくまで肌表面でしか働かないため、
美容成分を浸透させる「界面活性剤」も不使用です。

 

実際、私は化粧品をほとんど使わずに、
ヒアルロン酸とホホバオイルだけでケアします。

 

化粧品マニアだった頃よりも調子が良くなりました。
そして、浮いたお金を「本当に効果のあるケア」に使っています。

 

それは・・・

 

 

肌バリアをできるだけ壊さず、効果的な美容成分を補給する方法がある!

 

 

ヒアルロン酸とホホバオイルを使えば
ターンオーバーは少しずつ正常になってきます。

 

理想的なスキンケアとは肌バリアにダメージを与えることなく、表皮の老化で生成がされにくくなった美容成分を補給することです。これができれば肌の自浄能力も高まっていきますのでターンオーバーの力で、しわやたるみのない肌を維持することが可能になります。

でも、目の下のしわは早く消したいですよね?

 

やはり「即効性」を得るためには、衰えた肌に美容成分を補給することは大切です。

 

しかし、美容成分を浸透させると肌バリアを壊しますよね?

 

実は、肌バリアをできるだけ壊さずに、美容成分を肌に補給する方法があるのです。

 

ただし、それを実現するには、スキンケアの高度な知識や技術が必要です。

 

しかし、そのような「理想のスキンケア」を、誰でも気軽に使える環境があるのを知っていますか?

 

ターンオーバーが最短で活発に!理想のスキンケアを簡単に味わう方法とは?

 

 

 


このページの先頭へ戻る