目の下のしわをアイクリームで保湿

目の下のしわにアイクリームは不要!ホホバオイルの保湿力

 

目の下のしわを取るためにアイクリームを利用するのは逆効果です。アイクリームの成分は化粧水や美容液と同じです。これは追加アイテムを買わせるための業者の陰謀だと言っても過言ではありません。

 

 

アイクリームを使えば使うほど、目の下のしわが悪化するってホント?!

 

 

目の下のしわは「肌の乾燥」から始まるため、
最も注意すべき症状だと言って良いでしょう。

 

そのため、アイクリームなどで保湿することは
一見すると良いことのように思いますが危険です。

 

市販のアイクリームは「成分表」を見れば分かるとおり、
多くの美容成分が含まれていて保湿をするだけではありません。

 

業者にとれば、美容成分を沢山混ぜることで
高い値段で売れますし、女性たちも魅力を感じてくれます。

 

しかしです。

 

 

多くの美容成分が入ってるアイクリームほど、大量の「界面活性剤」が入っています。

 

 

美容成分が豊富なアイクリームほど、
界面活性剤がたっぷり入っていると思ってください。

 

なぜなら、お肌の奥まで美容成分を浸透させるには、
界面活性剤が必要だからです。

 

もちろん、アイクリームだけじゃなく、
全てのスキンケア化粧品に入っている化学成分です。

 

アイクリームなどの商品ばかりに目を向けるのではなく、皮脂と角質の健康を維持するにはどうすれば良いか?この視点を持って色々な情報を吟味すると正しいケアができます。

界面活性剤は、美容成分を浸透させるために、肌表面で壁を作っている「皮脂と角質のバリア」を壊します。

 

肌バリアが破壊されれば「シールド」がなくなるため、外からの刺激に弱くて水分が蒸発しやすい「乾燥肌」になります。

 

その結果、アイクリームを使うほど乾燥肌がひどくなり、目の下のしわが悪化するというメカニズムです。

 

はっきり言って、アイクリームは余計なのです。

 

 

界面活性剤の入っていない高純度のホホバオイルで保湿しよう。

 

 

あなたの目的は「目の下の保湿」だったはずです。
つまり、余計な美容成分はいらないのです。

 

そこで、おすすめなのが「ホホバオイル」です。
不純物が入っていない高純度のものを選んでください。

 

目元の乾燥を改善するには余分な美容成分が入っていない高純度のホホバオイルで保湿しましょう。

ホホバオイルは、肌バリアの「皮脂」と似た油で、お肌と親和性がある安全な保湿アイテムです。

 

アトピーにも効果があると言われるほどですから、あらゆる肌質に優しい天然の保湿オイルなのです。

 

目の下の保湿としてホホバオイルを使う場合は、目頭からまぶた、目尻の順に撫でるように塗りましょう。

 

ホホバオイルはつけすぎるとベタベタしますので、
皮脂膜をヴェールで覆うようなイメージで薄く塗ってください。

 

ホホバオイルはクレンジングオイルとは違って、
目に入ってもピリピリしないので目の下のケアには最適でしょう。

 

しかし、忘れてはいけないことがあります。

 

 

あなたの肌が乾燥する本当の原因は、ターンオーバーが衰えたからです。

 

 

ホホバオイルで保湿をすることは大切ですが、
あなたの肌に保湿が必要なのはなぜでしょう?

 

それは、お肌のターンオーバーが衰えたからです。
ここを改善しない限り、根本的な解決はできません。

 

目の下の乾燥やヒリヒリと赤みのある人は、ターンオーバーで水分量と皮脂量が整った新しい皮膚を作ることが大切です。そしてそれを実現するためのケアを知ることです。

ターンオーバーが衰えると「水分に満ちた肌細胞」が作られないため、肌バリアも作られにくく、うるおいのない乾燥肌になります。

 

つまり、目の下の乾燥を根本的に改善するには、ターンオーバーという「肌代謝」を正常に戻すことが必須なのです。

 

しかしです。

 

加齢で衰えてしまったターンオーバーを、どうやって活性化することができるのでしょうか?

 

加齢に逆らってターンオーバーが活性化!今すぐやるべきケアとは?


このページの先頭へ戻る