目の下のしわは20代から

目の下のしわは20代前半から!今すぐやるべき対策は?

 

目の下のしわは20代の前半から始まると思った方が良いです。特に幼少の頃から乾燥肌に悩まされている方は要注意です。

 

 

あなたが20代以降なら絶対にやるべきスキンケアがあります。

 

 

目の下のしわは、30代以降に起こる悩みだと思われがちですが、
20代でも油断はできません。

 

事実、20代前半から目の下のしわが
目立ち始めたと悩む女性は多いのです。

 

20代で目の下にしわができれば若さも半減…。
老けてみられることは大きなストレスになります。

 

しかしです。

 

目の下にしわができるメカニズムを知れば、
年齢は関係ないことが分かるのです…。

 

 

目の下にしわができる「3つの原因」って?

 

 

目の下のしわは複数の原因が絡み合っていますが、
大きく分けて3つだと思ってください。

 

目の下にしわができる3つの原因

 

1:表情筋の衰え
2:コラーゲンの減少
3:ターンオーバーの衰え

 

子供からアトピーなどの乾燥肌で苦しんでいる方は、大人になってメイクなどをするようになるため、より乾燥肌が加速する危険性があります。目元は非常に繊細な皮膚です。だからこそ、目の下のしわは20代前半から始まると考えておいた方が無難なのです。

まず、ターンオーバーが衰えると「乾燥肌」になります。乾燥した肌は、肌表面が乾いた状態になって「ヒビ」が入ります。

 

この割れ目から水分が蒸発していくことで、ますますヒビが悪化して「目に見えるシワ」になります。

 

次に、表情筋が衰えて真皮のコラーゲンが減ることで、お肌がハリを保てなくなり「深いしわやたるみ」を作ります。

 

これらは、30代以降にできる症状ではなく、年齢関係なく始まると思った方が良いです。

 

また、目の下は皮膚が薄くてデリケートなため、お肌の老化現象は目元からスタートします。

 

だからこそ、目元の老化に年齢は関係ないのです。
20代のうちから3つの原因をケアすることが重要です。

 

しかしです・・・

 

 

3つの原因を解消することは、普段のスキンケアでは不可能です。

 

 

目元のしわの解消を考える前に、どうして20代の若い段階から症状が出たのかを考えましょう。それは、あなたが普段行っているお手入れに効果がないという証明なのです。つまり、本当に効果のあるフェイシャルケアを手に入れることが大切です。

あなたが日々行っているセルフケアでは、これら3つの原因を全てカバーすることは困難です。

 

特に、肌の一番奥にある「真皮」に働きかけて、コラーゲンを増やすには「専門的な技術や機器」が必須です。

 

はっきり言いますが、あなたの目元にある老化現象は、毎日のケアに効果がなかった「証拠」です。

 

つまり、今のケアでは時間とともに目の下のしわは悪化。取り返しのつかない状態になることになります。

 

「じゃあ、どうすれば良いのさ!?」

 

実は、これら3つの原因を全て解消してしまう、
完璧なフェイシャルケアを手にする方法があるのです。

 

シワができる全ての原因を解決!最強のフェイシャルケアとは?

 

 


このページの先頭へ戻る